歴史ある風光明媚な町|ライフスタイルに合った賃貸を探す|地域ごとの家賃を把握しよう

ライフスタイルに合った賃貸を探す|地域ごとの家賃を把握しよう

マンション

歴史ある風光明媚な町

女性

物件は非常に豊富

近江八幡市は滋賀県の琵琶湖沿岸に位置する、人口約8万人の市です。近江商人発祥の地として知られています。近江八幡市における賃貸住宅の特徴は、単身者向けからファミリータイプまでバラエティに富んでいることです。物件は中〜小規模のマンションが多く、土地に比較的余裕があることから2〜3階建ての低層物件も珍しくありません。一方、アパート物件も豊富で、築40年以上経過しながら比較的良好な状態を保っている物件が、新築物件と並んで募集広告を出したりしているのを目にすることがあります。注意が必要なのは、近江八幡市内を走る路線バスはそれほど本数が多くないことです。鉄道駅から離れた地域の賃貸住宅に入居する際は、自動車や自転車などの交通手段を確保する必要があります。

広さの割に低家賃

近江八幡市の中心部は同名の鉄道駅周辺となりますが、市街地はそれほど大きくありません。町の中心から少し外れると、豊かな田園風景が広がっています。こうしたことから、賃貸住宅の家賃水準も都市化の進んだ地域に比べると割安で、広さにも余裕のある物件が多数を占めます。たとえば単身者向けのワンルームや1K物件なら月額2万円台から利用できます。床面積も30平方メートル前後の物件が中心です。ファミリータイプの場合も40平方メートル台の2DKで4万円台、60平方メートルを超える物件でも6万円前後とリーズナブルです。近江八幡市は人口の移動がそれほど頻繁ではなく、賃貸住宅も地元市民の住み替えが需要の中心となっています。ただし京都市内へ約40分で行けることから通勤にも不便はなく、都市部から移住すれば家賃の安さがメリットとなります。